小さい財布 小さいふ クアトロガッツ

ホーム 名刺入れにもなるICカードケース「アートシリーズ」睡蓮・星降る夜・エミーリエ



名刺入れにもなるICカードケース




クロード・モネ

1840年フランス・パリに生まれる。
印象派を創設。代表作「印象・日の出」は印象派の名前の由来になりました。
自然の中では物(モチーフ)の見え方が刻一刻と変化することに注目し、素早い筆使いで鮮やかな光の色彩を表現しています。
”自身が感じたままを表現する”という印象派の哲学を、生涯に渡り実践した芸術家。
睡蓮

”光の画家”と呼ばれたモネは、刻一刻と変わり続ける風景や光を、ありのまま描くことが生涯のテーマでした。
モネは晩年、自宅であるアトリエに庭を造り、そこに睡蓮の池を作ります。 モネは日本文化や浮世絵に影響を受けていたので、池の上には日本風の太鼓橋がかかり、睡蓮の池と太鼓橋が描かれた絵を何点も残しました。
モネの代表作とも言える「睡蓮」を描きはじめたのは、彼が50代後半の頃。 そこから200点以上も睡蓮をモチーフに描き続け、その作品は今も世界の人々に感動を与え続けています。






アートを感じる小さいふ「睡蓮の庭」



アートを感じる小さいかばん「睡蓮の庭」



フィンセント・ファン・ゴッホ

オランダ南部にて牧師の息子として生まれる。後期印象派の代表的な画家で、西洋美術史において多大な影響を与えた人物。
大胆な色使いと力強い筆致による技法を確立。代表作は「ひまわり」「星月夜」「夜のカフェテラス」など。
星月夜

ゴッホは、度重なる挫折に打ちのめされても絵筆を握り続け、不器用で情熱的な性格とその鮮やかな色彩から”炎の画家”と呼ばれています。
代表作の一つである「星月夜」は晩年の作品。 渦を巻く夜空の中に、三日月と星が輝きを放ち、絵の左側に大きく聳え立つ糸杉は存在感があり、勢いのある筆致が特徴です。
ゴッホが画家として活動した期間はわずか10年間と短いですが、およそ2000点もの作品を残しました。 その凝縮された生涯と鮮烈な作品は今もなお私たちの心に強く響いてきます。









アートを感じる小さいふ「星降る夜」



アートを感じる小さいかばん「星降る夜」



グスタフ・クリムト

1862年に生まれ、生涯を通じてウィーンで過ごしました。
クリムトは官能的で美しく、きらびやかな女性を描く画家として有名で、生涯にわたって女性をモチーフに描き続けました。
19世紀から20世紀にかけて活躍したオーストリア・ウィーンを代表する画家です。代表作は「ユディト」「接吻」など。
接吻

クリムトは愛と官能の画家と言われ、彼が描く女性の官能的で神秘的な雰囲気は、見る者を引きつける不思議な魅力をもっています。 代表作「接吻」の男性はクリムト自身、女性はクリムトが心から愛していた恋人”エミーリエ・フレーゲ”がモデルになっているのではと言われています。
製作に行き詰まっていたクリムトのキャンパスに、 エミーリエが金箔を置いたことがきっかけで作品が生まれたというエピソードが今も残り、クリムトの描いた豪華絢爛な作品は今日も変わらない美しさで人生の神秘を語りかけています。









アートを感じる小さいふ「エミーリエ」



アートを感じる小さいかばん「エミーリエ」




>