小さい財布 小さいふ クアトロガッツ

ホーム 手塚治虫『アトムキャット』×小さいふ。



“アトムキャット

(C)手塚プロダクション



アトムキャット 手塚治虫


コラボ第5弾『アトムキャット』
マンガ『鉄腕アトム』が1952年に連載開始をして今年で70周年を迎えました。『鉄腕アトム』は日本を代表するキャラクターとなり、今もなお世界中で影響を与えつづけています。

今回のコラボは『鉄腕アトム』70周年のお祝いを…と言いたいところですが、たしか『鉄腕アトム』は第2弾でもうコラボしたはず…。ということで今回で5回目を迎える手塚ワールドコラボは『アトムキャット』となりました。

8月8日世界猫の日に発売します。

アトムキャット 手塚治虫


手塚るみ子さんに直接インタビュー「アトムキャットと鉄腕アトムの魅力」
記念すべき第5弾のコラボということで、手塚治虫が育った兵庫県宝塚市にある宝塚市立手塚治虫記念館にて手塚るみ子さんに直接インタビューさせていただきました。

「もしも飼い猫がアトムみたいに自分の味方になってくれたら」。『アトムキャット』は子供ならではの身の回りで起こる困った出来事に、アトムそっくりな心優しく勇敢なスーパー猫が大活躍する漫画です。

手塚家の猫エピソードや『アトムキャット』の魅力はもちろん、作品の元となった『鉄腕アトム』だけでなく手塚作品にこめられたメッセージについてもお話をいただきました。手塚作品と共にインタビューもぜひお楽しみください♪

セルフパロディー
手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』は言わずと知れた名作マンガです。実はこの作品には作者自身が描いたセルフパロディーが存在することをご存知でしょうか?

当時はリメイクブームが到来していて、手塚治虫もブームに乗ってアトムのリメイク版を連載しました。それが『アトムキャット』です。16年連載が続いた『鉄腕アトム』が終わって18年後に『ニコニココミック』で連載されました。



手塚治虫

『アトムキャット』の誕生
『アトムキャット』はアトムにそっくりな猫がスーパーロボットになり、主人公のつぎ夫をいじめっ子から守ったり、事件を解決したりと大活躍。アトム同様に勇敢で心優しい『アトムキャット』の姿はキュートで愛らしく、猫好きの心をつかんで離しません。

今更アトムを新しく書くの?と呆れられそうだが、トライしてみようと思う。勿論、前アトムと比較され、叩きのめされるのを覚悟の上で。当然、前「アトム」のままではない。今回のは、つまりアトムが狂言まわしで現れるのだ。

『アトムキャット』あとがきにかえて より





『アトムキャット』 手塚治虫文庫全集 講談社



あらすじ
主人公のつぎ夫は、研究者の父の影響もあり『鉄腕アトム』のファン。偶然ゴミの中に捨てられていた子猫を拾い”アトム”と名付け世話をしていたが、ある日つぎ夫とアトムは一緒に自動車事故にあってしまう。

車に轢かれ死んでしまった子猫のアトムだが、なんと車を運転していたのは宇宙人の新婚カップル。慌てた宇宙人は子猫を助けようと手術するが、宇宙人のちょっとした誤解から『鉄腕アトム』そっくりのスーパー・ロボットキャットとしてよみがえるのだった。

『アトムキャット』手塚治虫文庫全集 講談社



手塚家とニャンコ
手塚治虫も猫を飼っており少年時代を過ごした手塚の家では”ムク・クロ・チロ”という3匹の猫と暮らしていました。

『チッポくんこんにちは』や『シャミー1000』など数々の手塚作品に猫が登場しています。手塚治虫と猫について、娘である手塚るみ子さんはこう語っています。

手塚治虫が猫を描く時、それは単に可愛いだけの愛玩動物としても姿じゃなく、心から愛すべき”生きる同志”として描く。「世の中はけっして人間様だけのものじゃないぜ!」猫は飄々としながら思っていることだろう。時に手塚治虫はそんな彼らの代弁者かもしれない。

(手塚るみ子)

『手塚治虫アンソロジー猫傑作集供拏蠶猷箸肇縫礇鵐海茲



『猫傑作集機Ν供拿田書店


地球は人間だけのものじゃない
四十六億年と言うとてつもないはるかな時間が、ぼくらの地球の年齢です。しかし、地球上に最初の人類が誕生してからは三百万年しかまだ経っていない。

つまり、人間なんて、地球の歴史上では新参者もいいところということです。 それがどういうわけか、いまやわが物顔で、”万物の霊鳥”と自賛しつつ、欲望のおもむくままに自然を破壊し、動物たちを殺戮し続けています。

〜中略〜

たとえ月着陸を果たし、宇宙ステーション建造がどんなに進もうと、環境汚染や戦争をやめない限り、”野蛮人”というほかないのではないでしょうか。

なんとしてでも、地球を死の惑星にはしたくない。未来に向かって、地球上のすべての生物との共存をめざし、むしろこれからが、人類のほんとうの”あけぼの”なのかもしれないと思うのです。

『ガラスの地球を救え』地球は死にかかっている より


「地球上のすべての生物との共存をめざし、むしろこれからが、人類のほんとうの”あけぼの”なのかもしれない」という手塚治虫のメッセージは私たちの胸に希望を灯してくれるようです。

手塚治虫は生涯をかけて戦争反対や、地球の環境破壊についてマンガを通して訴え続けました。手塚治虫が生み出した主人公たちが勇敢に悪と戦う姿は、今もなお読む人に勇気を与えてくれます。

終戦の月である8月に毎年コラボをさせていただいて5回目のコラボとなります。ぜひ手塚作品に触れていただければと思います。


手塚治虫ワールド-コラボ小さいふ。
『アトムキャット』
2022年8月8日発売




文/中辻渚 編集/竹中遥香
文章の内容には編集者の主観が含まれている場合がございます。
※手塚治虫の「塚」の字は、正しくは旧字体(塚にヽのある字)となります


アトムキャット 手塚治虫
アトムキャット 手塚治虫


>