小さい財布 小さいふ クアトロガッツ

ホーム 手塚治虫ワールド コラボ小さいふ。「火の鳥」ロビタ



火の鳥ロビタ

(C)手塚プロダクション




火の鳥ロビタ



超大作「火の鳥」とのコラボ
「火の鳥」は手塚治虫の真価を発揮した作品と言われ「漫画少年」では途中で休載となり、その後「少女クラブ」では少女向けに趣向を改めての連載となりました。

1967年より改めて描かれた一連の作品こそ、私たちが今日、「火の鳥」として認識している作品となり20年に渡り爛薀ぅ侫錙璽瓩箸靴読舛つづけられた「鉄腕アトム」に続く超大作です。

50年も前に描き始められた作品にもかかわらず、「火の鳥」は21世紀を生きるわたしたちにとっても「人間とは、生命とは何か」を問い続けている物語です。

火の鳥 復活編 手塚治虫文庫全集 講談社

ロビタ×小さいふ
手塚治虫ワールド-コラボ小さいふ。コラボ第4弾は、作品「火の鳥」に登場するキャラクター「ロビタ」をモデルに創りました。

ロビタは「火の鳥」の中でも傑作とされる復活編で主に登場するロボットで、一般の従順なロボットとは違い、人間の心を持っている優しいロボットです。

どこか人間臭く、人間らしい失敗もしたり、疲労し反発したりもします。そんなところが人間からも好かれ、最新のアンドロイドに比べて製造数が減っているのですが子供のお守りなどにも活躍します。

そして何よりロボットらしいといったら変だけど、ずんぐりとした胴体がなんとも愛らしいのです。



心を持ったロボット
なぜロボットであるロビタには人間の心があるのか? ロビタの誕生のストーリーを読み進めていくと…!?
まだ読んだことがない方のお楽しみを奪ってしまうので言いませんが。。。

ヒントを言うと「火の鳥」は永遠の命と輪廻のお話です。人の心とロボットが融合してできたのがロビタなのですが、ストーリーの中で何とロボットまでも輪廻に組み込まれているのです。輪廻について手塚先生は、こんなお話をされています。

もし輪廻と言うものがあるなら、僕の来世はミジンコかもしれないし、それこそオサムシかもしれません。そう思うとどんな生き物も同じ重さに思えてくるのです。

それにもう二度と人間には生まれてこないかもしれない。虫には虫の、鳥には鳥の、そして人間には人間の最もふさわしい生き方があるはずです

『ガラスの地球を救え』より





手塚治虫

人間かロボットか
人間にふさわしい生き方ってなんだろう??
人生の中で様々な経験をして、人への優しさ、愛情、思いやりといった善性を開花させながら強くなっていくことが人間にふさわしい生き方なのかなと思っています。

感情を持ったロボット「ロビタ」の中にある人間的な心もだんだんと開花していきます。しかし、その人間臭さゆえに事件に巻き込まれる事になり、数体のロビタが罰せられ溶解処分にされることになります。

その処分を知った三万体ものロビタは仲間の処分に対して抗議するかのように、そして、ロボットをただの道具としか扱わない人間の傲慢さに真っ向から立ち向かうかの如く、自ら高熱炉に身を投じるというロボットらしからぬ行いを選ぶのです…。。
あっ!言ってしまった…。

この「火の鳥」復活編のハイライトとなる「ザッザッザッ」とロビタたちが行進する名シーンが小さいふになりました。





ワタシハ人間デス

ワタシタチハムカシ
タッタヒトリノ
ロビタカラ
ワカレテフエタ
兄弟デス

ワタシタチハ全部ガヒトリデ
ヒトリハスベテデス

モシワタシタチノヒトリガ
死刑ニナレバ
ロビタハ
ヒトリノコラズ死ヌデショウ

「火の鳥」復活編より





科学の進歩と幸福
ロビタが登場する復活編は、1970年〜72年に連載されたお話です。それから51年が経った今。AI技術の著しい発展は急速に世の中を変えつつあります。

あらゆる分野でAIの技術が使われていて、人々の役に立っている反面、現在ロボット兵器の通称で呼ばれている技術型兵器システム(LAWS)と言う核兵器を運用するAI導入など、軍事的目的に利用することの危険性も叫ばれているんです。

怖いのはロボットや道具ではなく、使う側の人間の中に潜む悪い心ではないでしょうか? 生命の尊厳を守るというテーマを持つ手塚作品は、訪れる未来を予見して警鐘を鳴らしているかのようです。

科学の進歩は、本来人類に幸福をもたらすはずだったものです。 ところが、いまでは 地球を痛めつける悪い奴になってしまった。かつて荒唐無稽だと笑われたこともあるぼくのマンガどころの騒ぎではおさまらない、危機的状況といわざるをえません。

「ガラスの地球を救え」より



火の鳥 GAMANGA BOOKS 小学館


終戦76年目

終始一貫して僕が自分の漫画の中で描こうとしてきたのは、次の大きな主張です。”命を大事にしよう!”

「手塚治虫漫画40年」より


今年で終戦76年目になります。今年も手塚作品とのコラボを発売させて頂きました。

終戦の日が訪れるたびに、この世から戦争という悲惨な出来事や核兵器をなくしたいという願いが強くなります。2021年の今年は核兵器禁止条約の発効という出来事がありました。このニュースは唯一の被爆国に暮らす私たちにとって希望を感じるものでした。

このコラボ小さいふと共に手塚治虫作品を通して、さらに一人でも多くの人が、人間らしい生き方で人生を謳歌する一つのきっかけになれば幸いです。


手塚治虫ワールド-コラボ小さいふ。
「火の鳥」ロビタ
2021年8月15日
20時より発売開始


火の鳥 復活編 手塚治虫文庫全集 講談社


文/中辻渚 編集/中辻晃生
文章の内容には編集者の主観が含まれている場合がございます。

手塚治虫
火の鳥 復活編 手塚治虫文庫全集 講談社


ロビタ×小さいふ 発売記念特別インタビュー
手塚るみ子さんと読む「火の鳥」ロビタ編


手塚治虫公式WEBサイト
マンガ「火の鳥」休憩
特設紹介ページはこちら

番外編
この有名な「火の鳥」での中で、初期と中期の間の話で、あまり知られていない
『休憩』という6ページだけのお話があります。連載をひと休みさせ、全体の構成を見直すために描かれたものだと言われています。

その中で手塚治虫はこう語っています。
『ぼくは火の鳥の姿をかりて、宇宙エネルギーについて気ままな空想を描いてみたいのです。

なぜ鳥の姿をさせたかというと。。。ストラビンスキーの火の鳥の精がなんとなく神秘的で宇宙的だったからです。

だからこの「火の鳥」の結末はぼくが死ぬときはじめて発表しようと思っています。』

結局、火の鳥の結末を描く前に手塚治虫は逝去されてしまったため未完の大作となってしまいましたが、終わりがなく、永遠に続く生命のお話という意味では火の鳥にふさわしく、もしかしたら手塚治虫の目論見通りだったのかなと、思わずにはおれません。


手塚治虫公式WEBサイト



マンガ「火の鳥」特設紹介ページはこちら


※手塚治虫の「塚」の字は、正しくは旧字体(塚にヽのある字)となります