小さい財布 小さいふ クアトロガッツ

ホーム 小さいふ。(小さい財布・ミニ財布)◯ 「小さいふ。コンチャ」(小さい財布・ミニ財布)◯

小さい財布 小さいふ。 Reggae  Music レゲエ ミュージック「コンチャ Positive Vibration」黒 栃木レザー

小さい財布 小さいふ。 Reggae Music レゲエ ミュージック「コンチャ Positive Vibration」黒 栃木レザー

価格 : 14,800円(税込16,280円)

型番 : qg-con-positive
お気に入りリストを見る

購入数


お知らせ
ページの表示が遅い、決済が完了できなどのエラーがございましたら申し訳ございませんがメール(info@quatrogats.com)または電話(050-1441-7419 / 平日:10〜20時)までご連絡をいただけますでしょうか、即時に対応させていただきます。
小さいふ専門店クアトロガッツの ラスタカラー の小さいふ。熟練の職人がハンドメイドした革財布は、長く愛用いただけます。レゲエ ミュージシャン ボブマーリー の生誕記念のデザイン

2月6日は伝説のレゲエミュージシャン ボブ・マーリーの誕生日。生誕をお祝いしたラスタカラーの小さい財布「小さいふ。」が登場。


Reggae Music×小さいふ。

2月6日はジャマイカの伝説的レゲエミュージシャンであるボブ・マーリーの誕生日。生誕をお祝いしてラスタカラーの小さい財布「小さいふ。Positive Vibration」を発売します。

ラスタカラーでライオンの紋章とPositive Vibration、One Loveの文字が描かれたグッドヴァイブレーションなミニ財布「小さいふ。」が誕生。

革の素材は日本最高峰のヌメ革「栃木レザー」を使用。使いこむほどに革の経年変化エイジングが味わえるコンパクト財布です。

コンパクトな二つ折り財布でお札が曲がらないミニ財布 小さいふ レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley


Legend Of Reggae

レゲエは1960年代にジャマイカで生まれました。

ゆったりとしたリズムとグルーヴを持った自由と権利を求める「レベルミュージック(反抗の音楽)」は、ボブ・マーリーの存在によって1970年代にロンドンのパンクスの若者たちの間に広がりました。

その後、エリック・クラプトンの「I Shot The Sheriffe」のカバーが全米NO1となり、スティービー・ワンダー、ポール・サイモン、クラッシュなど、多くのアーティストがレゲエの曲を発表することで世界中に知られることとなります。

今回は小さいふと共にレゲエミュージックとレゲエのアイコンであるボブ・マーリーのストーリーをご紹介します。

レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley

コンパクトな二つ折り財布でお札が曲がらない小さい財布 小さいふ レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley


Corner Stone 生い立ち

ボブ・マーリーはレゲエのハッピーなリズムと哀愁あるサウンドの生み出すグッドヴァイブレーションにのせて、人生への愛と困難な状況でも自由のために力をひとつに合わせて戦おうというポジティブなメッセージを歌にしてきました。

「Love the life you live, Live the life you love.」

「自分の人生を愛して、愛せる人生を生きよう。」


最も素晴らしいことは生きること。何もかもが否定的な世の中で人生を肯定するのは、その人の気持ちの持ち方なんだと彼は語っています。

ボブ・マーリーは1945年にジャマイカで黒人の母親と、イギリス海軍の大尉の白人の父の間に生まれ、幼い頃に父は家庭を捨て、ジャマイカの首都キングストンのトレンチタウンというスラム街で育ちます。

楽曲「Corner Stone」ではその生い立ちが歌われ「No Woman No Cry」ではトレンチタウンで暮らしていた頃のことが歌われています。

「俺は覚えているよ。あのころトレンチタウンの公営団地の庭に座っていたよな。ジョージが火をつけてくれて。丸太が夜通し燃えていた。」


レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley

コンパクトな二つ折り財布でお札が曲がらない小さい財布 小さいふ レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley


Rastafarianism

ボブの母親はアフリカから連れてこられた奴隷の子孫でした。

ジャマイカはスペイン、イギリスによって侵略・植民地化され、ジャマイカのほとんどの黒人は農場で働かされるためにアフリカから奴隷として連れて来られた歴史を持っています。ジャマイカの奴隷制は1494年から1833年まで続きました。

虐げられ苦難の時代を生きたジャマイカの奴隷にルーツを持つことは彼の人生に大きな影響を及ぼします。

「Every man gotta right to decide his own destiny.」

「誰もが自分の運命を決定する権利を持っている。」


「Get up, stand up, Stand up for your rights. Get up, stand up, Don’t give up the fight.」

「起き上がれ、立ち上がれ、己の権利のために。目を覚ませ、立ち上がれ、決して諦めるな。」


1953年にイギリスより自治権が与えられて独立した後、自分たちの尊厳とルーツを表現する音楽としてジャマイカで生まれたのがレゲエミュージックでした。

ボブ・マーリーとレゲエのイメージといえばドレッドヘアーに赤黄緑のラスタカラーですが、それは彼らが精神的な支柱としていたラスタファリズムにルーツがあります。

ラスタファリズムはジャマイカの国民的英雄であり、黒人解放運動の礎を築いたマーカス・ガーベイの反植民地主義から強い影響を受けた宗教的思想運動です。

西洋の物質主義「バビロン」、植民地化による搾取、人種差別を批判し抑圧からの自立してアフリカ回帰を求めるラスタファリズムはボブ・マーリーによって世界に広がりました。

レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley

コンパクトな二つ折り財布でお札が曲がらない小さい財布 小さいふ レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley


Positive Vibration

「ポジティブなヴァイブレーション。それが一番大事だ。レゲエミュージックの本質だ。」


レゲエは反抗精神を持った「レベルミュージック」という一面がありながら、南国の美しく豊かな自然の月明かりの下で、リズミカルで心地よいグルーヴに身を任せてゆったりとリラックスできる陽気さを持った音楽です。

人生は悪いことばかりではないからポジティブに前を向こうというのがボブ・マーリーのメッセージでした。

「ひとつのドアが閉まっている時、もっとたくさんのドアが開いているんだよ。」


「後ろ向きなやり方では、とても生きては行けないよ。分かるかい。前向きに進むんだ。毎日が新しい日なんだから。」



One Love 心をひとつに

初期のボブ・マーリーのウェイラーズとして最初のヒットシングル「Simmer Down」ではジャマイカ独立後も汚辱に塗れた政治権力の下、社会の底辺で貧困からネガティブになり抗争や悪事に走る「ルードボーイ」の若者たちに冷静になるように呼びかけられています。

「落ち着いて 頭を冷やせ。
傷つければ自分に返ってくる。
だから冷静になれよ。
一時の感情に流されずに自分をコントロールしろ。
争いはエスカレートするばかりだ。」


同時期に作られたレゲエのアンセムとなる曲「One Love」では、子供たちの叫びに耳を傾けて心をひとつにしようと呼びかけています。

「一つの愛 一つの心
さあ皆で一緒になれば 最高の気分さ。
彼らの下劣な言葉は軽く受け流してしまおう。
本当に聞きたいことがあるんだ。
自分を守るために多くの人を傷つけた、見捨てられた罪人に行く場所はあるかい?」


1976 年にボブは二大政党の対立から内戦が勃発していたジャマイカで、平和を回復するために計画されたフリーコンサート「スマイル ジャマイカ コンサート」への参加を要請されます。

ボブは中立の立場を表明していたにも関わらず、出演する二日前に自宅で何者かに銃撃されます。しかしボブはステージに上がり、腕を負傷しギターを弾くことはできない状態で90分間歌い続けました。

その2年後に行われた平和コンサート「ワン・ラブ・ピース・コンサート」でボブは対立する二大政党の党首をステージに呼んで和解の握手をさせました。

レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley

レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley


Freedom 自由の歌

ボブ・マーリーの最後のメッセージとなった「Redemption Song」は1980年に録音されました。彼はその2年前に足の親指が悪性黒色腫(メラノーマ)に侵されていることを知っていました。

「その昔海賊が俺たちを連れ去って
奴隷船に売り飛ばしたんだ。
しばらくして地獄のような船底から
奴らは俺を連れ出した。

だけど全能の神によって俺たちの手は逞しくつくられていた。 俺たちはこの時代を進むんだ。誇りを胸に。

一緒に歌ってくれないか、この自由の歌を。俺が今まで歌ってきたのは救いの歌なんだよ。

心の呪縛から己を解き放つんだ。
それができるのは自分自身だけさ。
原子力を恐れることはない。
なぜなら誰にも時は止められないのだから。」


「Redemption Song」のテーマは精神的な呪縛からの解放です。この曲はボブ・マーリーの最後のアルバム「Uprising」のラストを飾る曲となり、アルバム発表の11ヶ月後、36歳の若さで癌のためこの世を去りました。

計画されていたワールド・ツアーは白紙となりジャマイカでは国葬が執り行われ、息子に語った最後の言葉は「お金は命を買うことはできない。」だったと言われています。

「君の命には、黄金なんて比べ物にならないほどの価値がある。」


「俺の音楽は永遠に人々に聴き続けられるだろう。」


偉大なミュージシャンでありストーリーテラー、ジャマイカの英雄、ラスタファリズムの伝道師であったボブ・マーリー。短い生涯の中で沢山の人に勇気と希望を送る音楽を創り上げました。

彼の残した子供たちはミュージシャンとなり、その精神を受け継いでいます。ボブ・マーリーとその音楽に感謝。

「Everything's gonna be all right.」

「すべてのことは上手くいく。何もかも良くなるさ。」


ジャマイカ 風景

コンパクトな二つ折り財布でお札が曲がらないミニ財布 小さいふ レゲエ ジャマイカ ボブ・マーリー robert nesta marley bob marley


ミニマルな暮らしにフィット
※ここから下は商品説明用の共通のイメージとなります。お届けする商品の色と異なりますのでご理解くださいませ。

お札とカード、名刺とコインがたくさん入るコンパクトなお財布は、ジャケットのポケットやカバンの中でも邪魔にならないので、これからのミニマルな持たない暮らしにもフィットします。

手のひらサイズながらお札は約10〜20枚・コインは約20〜30枚・カード:約6〜9枚。必要なものは全て入ります。

SPEC
サイズ:横10cm×縦8cm
厚み:2cm
重さ:50g

“手のひらサイズのミニマルな財布”


“手のひらサイズのミニマルな財布”




この商品が含まれる商品グループ