コンセプト
HANDMADE IN OSAKA
クアトロガッツとは
ほぼ名刺サイズの「小さいふ。」をはじめ【旅・遊び・アート】をコンセプトに
アイデアと遊び心を大切にしたモノづくりをしています。

企画から、デザイン、縫製仕上げまでを大阪府茨木市にある秘密基地(自社工房)で
全てハンドメイドで製作する革というツールを使ったファクトリーブランドです。



古来より人間の生活の中で使われてきた「革」の特徴を見つめながら
現代の暮らしにあった「革」の可能性を広げ
独自の世界観を「革」というツールを使って創造し続けます。



LEATHER
あなたが主役です
クアトロガッツのレザーアイテムは、革の経年変化と共に持ち主と一体化するようなものを目指し製作しています。

上質な素材、細部までの使い易さ、飽きのこないデザインと配色、そしてお客様の声を取り入れることを大切に。

使う人が新たな価値を生み出していくこと。
本当に気に入ったものを大切に末永く愛用していただけることが私たちの喜びです。



あなただけの色に育ててください
定番カラーの栃木レザーシリーズでは美しいエイジングを楽しんでいただくことができます。
植物性のタンニンで通常の数倍もの手間をかけて鞣されたフルベジタブルタンニンレザーは、目の詰まり方、きめ細かさ、日本の匠の技が詰まった傑作です。
あなただけのエイジング経年変化をお楽しみください。



革の可能性を信じて
革製品の魅力はエイジング(経年変化)によって風合いが変化し、伸縮によって使う人に合わせて形が変化するため、使う度に愛着を持っていただけることです。
より多くの方に革製品の素晴らしさを伝えていけたらと思います。






クアトロガッツで使用しているヌメ革は全て国産にこだわっています。
それは長い年月が経っても使い続けられる革を探し求めた末たどりついた答えが
なめし方、目の詰まり方、きめ細やかさを全て兼ね備えた栃木レザーだったのです。

栃木レザーについて ハシモト会長が語る"本物の革"

【極小財布・小さい財布】小さいふ。 ペケーニョ【カラーオーダー】クアトロガッツ

伝統的な製法
クアトロガッツで使用している栃木レザーは、有害な物質を一切使わず"フルベジタブルタンニングレザー"と呼ばれる植物性ミモザのワットルバーグ(樹皮)から採れた樹液のタンニン(渋)を使い、長い時間をかけて鞣され、染色によって色がつけられます。
植物性タンニンなめしの革は30以上の工程を経て鞣され、通常の革の数倍も手間と時間をかけて創られています。



自然との共生
栃木レザー社では使用した水を薬品などを使わず、バクテリアや微生物によって浄化し透明度のある水に戻して川に帰しています。
その際に出る汚泥を肥料として再利用できるよう農林水産省に登録しています。
伝統的な技術と革新的な智慧で、自然との共生とサスティナブルな環境革命を目指しています。

職人の魂
手間と時間がかかることから職人たちにかかる負担も決して軽くないが「革」を仕上げるための労力は決して惜しまない。
満足のいく革を創り世に送り出したいという職人の魂があるからこそ本物の革が生まれる。

革を鞣す職人がいるからこそ自分達はモノ創りができる。
そんな感謝と尊敬の気持ちを込めてクアトロガッツのロゴマークには職人さんをデザインに取り入れています。

熟練の技
革を伸ばすセッター。
中でも手作業で行うハンドセッターは長年の経験が必要となる。
魂を吹き込むように1枚1枚職人の手により伸ばされていく革。
ここにも職人の「技」が光る。

熟練の技と高い志を持った職人により丁寧に創り上げられた革は堅牢性が高く、使い込むほどに味わいや光沢が増し素晴らしいエイジングが味わえる。
一流の職人の技は後々にいきてくる。



一流の職人だからこそ出せる笑顔
「写真を撮らせてもらってもいいですか??」との問いに、照れながら見せてくれた爽やかな笑顔は、満足のいく革を創り世に送り出す自信にあふれていました。




HISTORY
INTRO
世の中に広く知られるようになった小さいふ。
「お財布が小さくなれば、あなたはもっと自由になれる」
小さいふとクアトロガッツ誕生の秘密。



BIRTH
クアトロガッツ誕生
舞台は大阪の昭和な平屋建ての並ぶ住宅の一角。

いつか自分でお店を持ちたいと思っていた”キャプテン”中辻と、製靴学校を卒業したデザイナーNagisaは、4匹の猫と一緒にそこに工房をかまえることにしました。

ミシンや金槌の音が聞こえてくる工房のあけっぱなしのドア。
そのすきまから出入りする4匹の猫たち。猫たちのうしろについて出入りする友達の野良猫たち。

ガラス張りのドアからいつも通りを眺めている近所の不動産屋さんの猫。
工房の向かいに住むたくさん猫を飼っている猫のばあちゃん。
この辺では猫は町の風景に溶け込んでいました。



物語はこんな風にはじまります。
中古で見つけたミシンを引き取りに行ったときのこと。

「もう店を閉めることになって。あまってる革がまだようさんあるから、よかったら使ってくれへん?」
そう言ってミシン屋のおじさんは軽トラ一杯の革をくれました。

新しいミシンと革を手に入れた二人は、さっそくせっせとアイテムの製作に取り掛かりました。

ようやくいくつかのアイテムが完成しましたが、まだ置いてくれるお店はありません。
そんなとき思いついたのは、人通りの多い場所の路上で売ってみようということでした。

ON THE ROAD 路上から
工房がある大阪の北摂から、大阪で一番人通りの多い梅田、
吉本新喜劇のある心斎橋までは電車で30分ほどの距離。

路上は人で賑わい、歌うたいや絵描き、ラスタマン風のアクセサリー売り、謎の外国人などの先客が。
その横にござを広げ、出来たばかりのアイテムを並べて人が足を止めてくれるのを待つことにしました。
いつしか隣にいた謎の外国人とは話が弾み親友となりました。

大阪駅前の陸橋、道頓堀のグリコの看板の近く、心斎橋商店街の店終いをしたシャッターの前などで、ヤクザなおじさんにからまれたり、おまわりさんに注意される度に場所を移動しました。

初めて買ってくれた人のことは今も忘れることはありません。
でもそうして売れたお金はその日の電車賃とタバコとコーヒー代に消える日も。「どうしたら足を止めて見てくれるんかな」そんな思索を練る日々が続きます。

TRIP
旅する革小物
ある日のこと、知り合いにすすめられ「手づくり市」に出ることに。
毎月神社の境内で開催され、家具、陶器、食べ物など様々なお店が軒を連ねて、たくさんの人で賑わう手作り市。
作ったアイテムをお客さんに手にとってもらい、話して、買ってもらう。シンプルなやりとりが新鮮でした。
そこで作り手や常連のお客さんとの出会いがあり、モノづくりのヒントやアイデアが生まれました。

同じような手作りのイベントが全国各地で行われていることを知ると、元来の旅好きの心に火がつき、アイテムを乗せたバンを運転して全国のイベントを旅して回るようになりました。
現在も「旅する革小物展」を各地で開催中。実際にモノづくりをしているスタッフが販売をしています。

MATERIAL
本物の革との出会い
大阪名物 通天閣。その周辺の懐かしい昭和の匂いがする下町が天王寺。
そこにある革屋さんまで革を買いに行ったときのこと。

応対してくれたのは白髪のおじいちゃんでした。ゆったりとした口調のよく響く低い声。時折冗談も交えながら話すおじいちゃんは不思議な迫力の持ち主でした。

「おまえらは何ものや?」
「自分で革小物をつくって道で売ってるんです」
「おもろいやないか」

それが栃木レザーの販売元をされているハシモト会長との出会いでした。
革をたくさん買うお金もなく、傷がないかなと一枚一枚選っていると突然会長の叱咤が。
「傷があるのが本物の革の証拠やぞ。おまえらみたいな違いのわからへんもんに革は売らん!」

そこから”本物の革とは何か?”という数時間に及ぶ会長の革談義がはじまりました。
「一度このおじいちゃんを信じてこの革を試しに使ってみよう。」
自分たちで使ってみて栃木レザーの素晴らしさを実感しました。 革の魅力とエイジングの楽しみ方を伝えることも大きなテーマとなりました。

栃木レザーについて ハシモト会長が語る



ORIGINALS
「小さいふ 」の原型誕生
クアトロガッツのアイテムは「こんなものあったらいいな」というアイデアや遊び心を大切にしています。

「小さいふ 」の原型となるお財布が誕生したのは2008年のことでした。

まだ長財布、二つ折り財布を持つのが当たり前の頃。でもそれとは関係なく、カバンやお財布を持たない主義のキャプテン中辻のポケットにはいつもお無造作にお札と小銭が突っ込まれていました。

それを見ていたデザイナーNagisaの創作意欲に火がつきました。
「限りなく手ぶらに近くて、出かけるのにかさばらない財布があったらいいのに。」「ないのなら自分で創ってみよう。」
そうして完成したお財布をプレゼントしたところ喜んで使ってもらえました。

こうして生まれた初代小さいふは一万円札を二つ折りにした手のひらサイズの正方形でした。アイテムとして販売すると、そのコンパクトさと見た目以上の収納力が好評でたくさんの方に喜んでいただき、今でも「小さいふピッコロ」としてWEBSHOPで販売しています。





TRADEMARK
はじめまして小さいふです。
そんな日常のヒントから生まれた「小さいふ」シリーズはお客さんの声を取り入れながら進化を続けています。

2008年「小さいふ ピッコロ」
2010年「小さいふ コリーナ(廃盤)」
2011年 「小さいふ ペケーニョ」
2013年「小さいふポキート」
2016年「小さいふ コンチャ」

2011年に誕生した「小さいふ ペケーニョ」は一番人気でにっこり笑っているようなデザインが目印。 この「小さいふ」というネーミングはこのペケーニョから始まりました。

「小さいふ」の由来
「小さいふ」という言葉はいつしか世の中に広がり「ちい財布」「チイさいふ」「ちいさいふ」などテレビや雑誌、メディアなどでも取り上げられるようになりましたが、元をたどればクアトロガッツのアイテムのネーミングから生まれています。

ペケーニョのWEBページ公開を翌日にひかえた深夜二時。
パソコンに向かうスタッフが最後に決めたネーミングが「小さいふ」でした。
そこから商品名、パンフレットや看板で使うようになりました。



小さいふの登録商標
※ちなみに「小さいふ」と「ちいさいふ」はクアトロガッツによる登録商標となっております
ひらがな・音で登録していますので「チイサイフ」「ちい財布」「ちぃさいふ」についても商標権の効力が及ぶ範囲である」となっています。

2012年クアトロガッツとロゴ商標
2013年小さいふ商標
商標登録番号:第5634699号
商標:小さいふ
称呼:チーサイフ,コサイフ,ショーサイフ,コ,ショー
商標登録番号:第5639437号
商標:ちいさいふ
称呼:チイサイフ



ONLY ONE
「世界にひとつだけ」ができるまで
クアトロガッツのアイテムで色は大切な要素のひとつです。
革製品といえば黒や茶色のような渋いものが多い中で、よりたくさんの色柄にこだわり革を仕入れてきました。

そのこだわりから同じ色合わせのものは創らないというコンセプトの「世界でひとつだけシリーズ」が誕生しました。

デッドストックの革、珍しい素材、千年以上の革づくりの歴史を持つイタリアの名門の革など、目利きした数百種類の革の中からスタッフがひとつひとつ色雀(色合わせ)をして製作しています。あなただけのお気に入りを見つけてくださいね。



お財布が小さくなればあなたはもっと自由になれる
毎日肌身離さずに持って出かけるお財布。どんな時もポケットの中にあるお財布。
もっと遊び心があれば、毎日がもっと楽しくなるはず。



AROUND THE WORLD
世界に目を向けて
「伊達政宗×クアトロガッツ 震災復興支援」

3・11 東日本大震災により甚大な被害を受けた地域の皆様、ご家族の皆様には、心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

クアトロガッツではモノづくりを通じて自分たちにできることのひとつとして、伊達政宗の陣羽織をモチーフに創った革「紫地羅背板五色乱星」で創った「小さいふ」の2013年〜2018年の3月度の売り上げを「東日本大震災みやぎこども育英募金」へ寄付させていただいております。
震災の教訓を風化させないため、未来の子供達へと伝えて、これからの未来に震災、自然災害による被害をなくしていけるように願い、2018年から頑張ろう石巻会よりいただいた「ど根性ひまわり」の配布を行っています。



終戦70年 × NO NUKES(核廃絶)
すべての人々の生命の尊厳が守られる時代を目指して。

世界にはまだまだ争いのたえない国や地域が沢山あります。
平和も、地球上の多様な人々を結びつける文化も私たちの創造力から生まれます。
世界に早く平和な日々が訪れることを強く願い、芸術家はアート作品で、ミュージシャンは音楽で表現するように、私たちはモノづくりを通して表現をします。

終戦から70年という月日が流れ戦争を経験していない私達が出来ることは、モノづくりを通して戦争、核の使用は絶対悪だと伝えていくことだと考えます。



OSAKA
大阪製ロールモデル受賞
2013年には一番小さい「小さいふ」小さいふポキートが「大阪製 Osaka products」2012年度ロールモデル(優秀優良製品)を受賞



小さいことからコツコツと
2014 「朝日放送(ABCテレビ) 西川きよしのおしゃべりあるき目です-小さい特集-」
2018 「日本テレビ ヒルナンデス!」
2019 「朝日放送 (ABCテレビ)おはよう朝日です」
2019 「NHK総合テレビ 朝イチ」
2019 「栃木レザー社カタログ」
などメディアにも多数出演。



COLLABORATION
小さいふを世界に
「小さいふ」は栃木レザーの定番カラー20色以上、限定カラー80色以上、世界で1つシリーズは数万色を製作。

お財布をキャンバスに見立てて、様々なアーティスト、アート、カルチャー、モノコトとのコラボを行い名実ともに他に類を見ない種類を揃えています。

コラボ×小さいふ
京都タカシマヤ「琳派400年記念××小さいふ」
東急ハンズ東京店「東京駅×小さいふ」
今川咲恵×大阪タカシマヤ×SAVVY×小さいふ
東急ハンズ大分店「おんせん×湯巡り専用小さいふ」
京都タカシマヤ「歌舞伎十八番 矢の根五郎×小さいふ」
三三屋 selected by「groovisions×小さいふ
漫画家 楳図かずお×小さいふ
安齋肇監督 みうらじゅん原作「映画変態だ×小さいふ」
テキスタイルブランドSOU・SOU×小さいふ
注染手ぬぐい にじゆら×小さいふ
手塚治虫ワールド「ブッダ」×小さいふ
遠州鉄道「30形モハ25号×小さいふ」
台湾テキスタイルブランド「印花楽in Blooom×小さいふ」
東急ハンズ沖縄×小さいふ「美(ちゅ)ら空」
手塚治虫ワールド「鉄腕アトム」×小さいふ

etc...

小さいふ以外にも

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳「YATSUGATAKE Wine house」
ワインハウス メニューカバーetc...

これからもクアトロガッツは「旅・遊び・アート」をコンセプトに喜んでいただけるモノづくりに邁進します。



HISTORY OF THE NAME
クアトロガッツの名前の由来
クアトロガッツという名前は「4匹の猫」という意味のスペイン語(カタルーニャ語)が元になっています。

その由来は10代後半からバックパッカーで世界を旅していた頃にさかのぼります。
旅先のスペインのバルセロナにいたときのこと。街が気に入ったのでランブラー通りにある「ピカソ」という安ホテルに長期滞在することにしました。

街にはピカソやミロ、ガウディなどの芸術作品が溢れ、裏通りには大阪の西成区のような「泥棒市」もある。
街路樹のオレンジの木から落ちた実が路上に転がり、カフェの店員は手持ち無沙汰にホウキで床をはいている。
通りでは向こうからは両手を広げてなにやら熱唱するおじさんが歩いてくる。
住んでいる人も陽気でどことなく大阪に似ている。
そんな魅力溢れる街バルセロナにあったカフェが「4Gats」(クアトロガッツ)でした。



若き日のピカソが通ったカフェ
スペイン語で”4匹の猫”という意味のカフェ「4Gats」(クアトロガッツ)は、かつて若かりし日のピカソをはじめ、19世紀末を代表する芸術家の溜まり場だった歴史のあるお店でした。そこで彼らが芸術とモノ創りの哲学を熱く語り合っていたことは想像に難くありません。

彼らのモノ創りへの熱い「心」を学びたいという思いから、自分たちのブランドを「クアトロガッツ」と名づけました。
もちろん工房で4匹のネコを飼っているところもぴったりの名前だと感じたのです。

バルセロナの4gatsは1897年から1903年まで営業され、カフェの他には安宿、キャバレー、パブ、食堂としての機能も備えており、展覧会やコンサートなどの表現活動の場、美術雑誌の発行を通じた情報発信の場でもありました。1981年から再び同じ建物の同じ場所にレストランとして開店し、今も観光客で賑わっています。

BRAND
ロゴに込められた思い
クアトロガッツのロゴマークである牛が腕組みをして首をひねっている「考える牛」のロゴはバルセロナのランブラ・デ・カタルーニャ通りにある銅像がモチーフになっております。
バルセロナを訪れた時に見たこの銅像は目に焼き付いて離れませんでした。

モノづくりに必要な「考える」ことの大切さを表すとともに、主に牛革を使ってモノづくりをしてることから、自然の恵への敬意と感謝を込めて牛をロゴにしました。

考える牛について考えてみる



はじめのロゴ
初期の4gatsのロゴはモノづくりの過程を表しています。

→“牛”
→”革を鞣す職人さん”
→”革”
→“アイデアとデザイン”
→”縫製・製作する職人さん”
→”4gatsのアイテムの完成”



今でもこのロゴは小さいふピッコロに入っています。
長い旅をしてたくさんの人たちの手を渡り、私たちのもとへ届く革。
自分達がモノ創りができることへの偉大な自然への感謝を忘れずに、皆さんに喜んでいただけるモノづくりに邁進していきます。