小さい財布 小さいふ クアトロガッツ

ホーム 小さいふ。「矢絣」yagasuri








小さい財布の小さいふ。
小さいバッグや着物でのお出かけ
旅行の時など
荷物を減らしたい時に
便利なミニ財布「小さいふ。」



大正ロマンと矢絣
和柄シリーズの中でもレトロモダンな柄として人気の日本の伝統紋様「矢絣(やがすり)」

テレビアニメやドラマ、宝塚歌劇でも上演していた「はいからさんが通る」の主人公の花村紅緒が着ていた矢絣の着物姿は大正ロマンの女学生スタイルでした。

矢絣

結婚のお祝い「出戻りがない」
矢絣はその名の通り、弓矢の羽模様を組み合わせた柄です。
弓を射るとまっすぐに進んで戻らないことから「出戻りがない」という願いを込めて、結婚のお祝いには矢絣の着物を持たせる風習が昔からありました。



卒業式の袴「まっすぐ進む」
「未来に向かってまっすぐに進んでいく」という願いを込めて今でも卒業式の袴としても人気の柄です。

曖昧な的に向かって放たれた矢が当たるわけはない。引き絞った弓で矢を放ち、的を射ることは願いを叶えることや未来へ進んでいくことに例えられます。



男性の着物「魔を払う力」
魔を払う力があると言われる破魔矢の伝承から、縁起物として正月に男の子のいる家に弓矢の玩具を贈るという風習がありますが、矢絣は破魔矢を連想されることから男性の着物の柄としても使われています。

明治・大正時代のレトロモダンな文化の香りがする日本の伝統紋様の矢絣。あなたの相棒に、いかがでしょうか。

1



>