ホーム つくるひと図鑑 ガラスアーティスト奥村武久

ガラスアーティスト奥村武久 手のひらの小宇宙


ガラスアーティスト奥村武久 手のひらの小宇宙
カートにすすむ

ギフトラッピング   お届け日数   プレゼントキャンペーン

手のひらの小宇宙 手のひらの小宇宙
手のひらの小宇宙 ガラスアート
全米チャンピオン<奥村武久>がつくる
魂まで吸い込まれそうな深淵の世界
スタジオグラス・ムーブメント
スタジオグラス・ムーブメントという言葉を聞かれたことはあるでしょうか。
スタジオグラス運動とも言われ、1970年代にアメリカを中心に興ったムーブメントです。

ガラス製品は主に工場でそれぞれの職人たちが各パーツを作って最後に組み合わせることで作られ、工業製品・工芸品としてのクオリティやコストなどが重要視されていました。

ガラスアーティスト奥村武久

日本人2人目となる全米大会優勝
そんなガラス業界でしたが、技術の発展により個人でも使える小型熔解炉が開発され「今までのような大きな設備や工場がなくても、個人でも作れるんじゃないか。」「もっと自由な発想で楽しめるんじゃないか。」という思いから始まったスタジオグラス・ムーブメント。

そんな現代ガラスアートの本場とも言えるアメリカの大会にて、日本人としては歴代2人目となる優勝を果たしたガラスアーティストこそが奥村武久さんです。
ガラスアーティスト奥村武久

ガラスアーティスト奥村武久

okumuratakehisa07

逆輸入アーティスト
奥村武久さんは、ワイングラスやペン、手のひら大のオブジェから店舗エクステリアなどの大型オブジェも製作しており。
アメリカでは様々なアーティストとのコラボレーションを実施し日本以上にアメリカで高い評価を得ているアーティストです。


ガラスアーティスト奥村武久

ガラスアーティスト奥村武久

ガラスアーティスト奥村武久

ガラスアーティスト奥村武久

和菓子職人の道からアーティストへ
ものづくりの中で嬉しい時は「新しい作品を作れた時・自分の手元にある時より大事にしてもらっている時。」そして「人に褒めてもらえた時。」と話す奥村さん。
1981年、大阪は天王寺の和菓子屋4代目として生まれ、幼い頃は跡取りとして和菓子職人の道を志していました。
活発で明るく、勉強ができないこどもだった、と話す奥村さんですが、「小学生の時に何かを作って人に見せた時に褒めてもらえたり、驚いてもらえたりしたことが嬉しくて。」と、小さな頃からものづくりと人が喜んでくれたり褒められたりが大好きだったようです。


okumuratakehisa02

okumuratakehisa03

新しい道のはじまり
ガラスとの出会いは高校生の時、他で見たことがないガラス製の不思議な指輪を見つけて購入し愛用。
その後22歳の時に職場へ向かう途中にガラスアートの個展を見つけ、何気なく入ってみると、なんと偶然にもその指輪を製作した方がオーナーさん。
話がはずんで、その時に15時間のワークショップに来てみないかと誘われたのが「今にして思えばガラスアーティストとしての道のはじまり」だそう。
okumuratakehisa06

材料が手に馴染む感覚
趣味ではじめたガラスアートですが、つくってみると「材料が手に馴染む感覚がした」と奥村さんは話します。
ひとつ理解すると次の疑問が出てくる不思議なガラスという素材に魅せられ、この素材をもっと理解したいと思い、作った作品を販売して資金を稼ぎつつ練習を重ね、工具や材料を揃えて、気づけばどんどんとガラスの世界にのめり込んでいったそうです。


okumuratakehisa04

全米大会優勝
歴史ある和菓子職人とガラスアーティスト、どちらの道へ進むか迷った時期もあったそう。
そんな時に知り合いの作家さんから、ガラスアートのアメリカ大会へ出てみないかと誘いを受けて2009年にアメリカで最大級のガラスアートイベント「Best Beads Show」へ出展。
確かな手応えを感じ2010年には同イベント内で開催される「Flame off」という大会へ挑戦し、初参加ながら見事、日本人としては歴代2人目となる優勝を果たしました。


okumuratakehisa08

和菓子職人のDNA
そんな奥村武久氏の作品は般若を思わせるデザインなど日本的な作品も多く、エッジが効きつつも滑らかにデフォルメされたガラスアートは手に取ると不思議なほどに手に馴染み、ガラスとは思えないほどの深淵さは、見る人の心まで吸い込まれてしまいそう。
アメリカで興ったムーブメントを吸収し「目で楽しむ」とも言われる和菓子職人としてのDNAは確かに奥村武久氏の腕に受け継がれているのかもしれません。
いつまでもガラスを好きで
これからの目標は「いつまでもガラスを好きでいたい、モチベーションを高く保ち続けたい。」と話します。
奥村さんがよく出没する市はデザインフェスタ・クリエイターズマーケット・アートアンド手作りバザール。
もし奥村さんに会うことができた方は、ぜひガラスをいろんな角度から見てみてください。
身近なガラスがこんなにも素晴らしいアート作品になるのかと、驚くはずです。
uchuglass02

手のひらの小宇宙
そんな奥村武久さんが今回挑戦するのは、手のひらサイズの宇宙。
見るだけで心が惹き付けられてしまうガラスアート「手のひらの小宇宙」。
uchuglass-img05

ガラス玉の中の無限
耐熱ガラスによって宇宙をイメージして創られた「手のひらの小宇宙」。
奥村氏の作品はガラスとは思えないほど、深みと光の入り方によって無限に広がる宇宙を感じさせます。

宇宙風ガラスの作り方は1200℃以上の超高温で耐熱ガラスを加熱して加工します。
その光景は私達が住むこの地球がマグマに覆われた、灼熱の惑星であったことを連想させます。
冷え固まったその姿は宇宙そのものであり、いつまでに眺めていたくなる深みは世界にひとつだけのプレゼントとしてもおすすめです。
uchuglass-img02

プレゼントにも最適
手のひらの小宇宙、はプレゼントにも最適な専用ケース付き。 専用紐も付属しているので、そのままプレゼントやギフトにお使いいただけます。また、プレゼントラッピングもお受けしております。

あなたの大切な人へ宇宙を贈りませんか。

※下記画像はサンプルです


プレゼントにも最適な専用ケース付き
くらげ星【1】
12,000円
宇宙に咲く花【4】
20,000円
冬の惑星【5】
12,000円
守護星【6】
15,000円
浮遊星【7】
20,000円
銀河【8】
12,000円
誕生【9】
12,000円
ブラックホール【10】
20,000円
アンドロメダ【11】
12,000円
地球【12】
15,000円
ネプチューン【13】
15,000円
水星【14】
12,000円
流星【15】
12,000円
ハート星雲【16】
15,000円
透明な星【17】
12,000円
燃える惑星【a】
28,000円
サターン【b】
28,000円
木星【f】
12,000円
希望【h】
12,000円
Butterfly【j】
28,000円
Deep【k】
12,000円
天王星【l】
15,000円
状態 新品
型番 LMTD0001
販売価格

28,000円(税抜)

購入数
カラー

特定商取引法に基づく表記 (返品など)

トップへ戻る

この商品のカテゴリー