革のお手入れ
ヌメ革のお手入れと
注意点

ナチュラルなヌメ革は化学素材と違って、ちょっとしたケアが必要です。
とはいえ神経質になる必要はなくガシガシ使っていただき。
そのあときちんとケアをすれば革も応えてくれ、素晴らしい風合いを持った、愛着の湧くあなただけの革へ成長してくれるでしょう。


オイルケア

革にはもともと脂分があり、使い込むうちに染み出してきて素晴らしい風合いを作り出してくれます。
ですが放っておくと経年により揮発してカサカサになってしまいます。
そうならないように定期的に脂分を補給してあげましょう。

オイルケア

売り場には様々なメンテナンス用品がありますがクアトロガッツではドイツ製の天然ワックスであるラナパーをおすすめしています。

ラナパー販売はこちら

水・雨に濡れたら

革は水に弱く、シミや水ぶくれ、カビなどの原因になります。
もし濡らしてしまった場合は、乾いた布で極力水分を取り、形を整えて風通しの良い日陰で干します。
革は水を含むと乾く段階で水分と一緒に油分が抜けて繊維が縮んで固くなります。
乾き具合を見ながら、出来れば半乾きの時にオイルを塗り、再度形を整えて風通しの良い日陰で乾燥させます。

カビを生やさないために

革はカビが生えやすい素材ですが普通に使っていれば、まずカビは生えません。
ただし湿気の多い時期に保管をしているとカビが生えることがあります。
カビは色素を出すものもあり、そのままにしておくと消えなくなることもあります。
できるだけ予防をし、もしカビが生えてしまったら、水に濡らして堅く絞った布でカビを拭き取り、陰干しした後オイルを塗ります。
保管の際には以下の3点に注意してください。

風通しの良い
解放された
空間で保管

風通しの良い空間で
  除湿器や乾燥剤
で湿気を除去し
適切な湿度に

湿度に注意
  こまめに
乾拭きをし
清潔に保つ

乾拭き

乾燥剤は直接革に触れないよう注意!こまめな乾拭きは
カビの早期発見にも繋がるのでできるだけ見てあげましょう。

傷がついてしまったら

ほとんどの革は表面に防傷加工のコーティングをしていません。
伸びた爪などで簡単に傷がついてしまいます。
残念ながらついてしまった傷は治せませんが、オイルヌメ革は特徴として革をなでるだけで内包した脂分により傷が目立たなくなり、そして「味」のひとつになります。
傷も革の魅力のひとつとしてお楽しみください。

傷のお手入れ

使用する時の注意

●ちり、ほこりによる汚れは、乾布またはブラシで拭いて下さい。
●革の表面は柔らかく傷が付きやすいです。通常使用する際に付く傷は別として革に傷を付けないように注意が必要です。
●感触の良いナチュラルな感じを出したい革ほど、色は落ちやすいので、ご注意下さい。特に淡色系の衣類・バック等とのご着用、ご使用はなるべく避けて下さい。

保管する時の注意

●陰干ししてよく乾かします。湿ったまま保存するとカビの発生、革の劣化、硬化、移染の原因となります。
●型を整え、詰め物などをして型くずれを防ぎます。
●風通しのよい低温で湿気が少ない場所を選びます。色移りを避けるために繊維製品や合成樹脂と直接接触しない様にします。特に、ビニール袋中に保管すると、可塑剤の移行などで密着する恐れがあるのでビニール袋は使用しません。
●光による変褪色を防ぐために直接光が当たらないようにします。蛍光灯でも充分変色します。

トップへ戻る