わかるハシモト会長かく語りき

ハシモト会長って誰?
ほとんどの人がそう思うに違いありません。革業界にたずさわる方をのぞいては。

ハシモト会長はクアトロガッツに”本物の革”とはなんぞやということ教えていただいた方で、現在は創業された大阪の皮革メーカーの会長をされています。

長年に渡って革に関わり、クアトロガッツでも使用している日本でも有名な革のタンナー「栃木レザー」を影で支え、製法の考案、再建のバックアップをはじめ、革の素材そのものから製品まで、革業界の発展に貢献してこられたハシモト会長は業界では知る人ぞ知る存在なのです。



連載について
80歳を超え、戦後からの日本を生きてこられてきた中で培われたその稀有な人生哲学と大阪人ならではの人情あふれる人柄。

そんな会長自身の語る生い立ちと若き日のこと、そして周囲の人達の証言によって紡がれた「わかる」という本を会長からいただきました。
本屋で買えない本ですが、より多くの人にその珠玉の言葉を噛み締めていただければと思い連載をさせていただきました。

2017年8月13日〜2018年9月30日までブログで連載させていただいた内容を目次でまとめました。是非お楽しみください。





連載に寄せて 【クアトロガッツ 中辻大也】
「おまえらは何ものや?」
「自分で革小物をつくって道で売ってるんです」
「おもろいやないか」
それがハシモト会長とのはじめの会話でした。

「ハシモト会長との思い出」





わかるハシモト会長かく語りき 【三つ子の魂百まで】
私は、小学校二年生までしか学校に行けなかったんです。
母親に何にも収入がないので、食べるもんもない。
貧乏は辛く苦しいもんやと思いながら、十歳過ぎた頃は自分の体より大きなもの下げて、お金を稼いでましたね。

第1話 「アホな英雄でええ」

第2話 「下からもの見たら 何か見えへんかな」

第3話 「なんもないからやる」

第4話 「人間の行いが判についてくるもんや」

第5話 「その立場に立たんとわからへん」





わかるハシモト会長かく語りき 【表の人生やろうや】
「そや、ここに紙があるやろ。俺らは今までこの紙の裏をやってきたんや。いっぺん表をやろうと思うんや。」

第6話 「こんなんやってられん」

第7話 「表の人生やろうや」

第8話 「おおきに おおきに」

第9話 「金が生きてる」

第10話 「うちはただ紐をつくって売りますねん」

第11話 「お茶の一杯も出さんのですか」

第12話 「月給泥棒やないなら責任とってください」

第13話 「こころの叫びが火ぃつけたんならおもろいやないか」





わかるハシモト会長かく語りき 【内助の功】
「相手に何をしてあげたらどうなっていくやろ、という心を持って行動してきたんです。それが大事やと思う。
そんな私が今日あるのも、今は亡きうちの嫁はんのおかげやなぁ。」

第14話 「マイナスの世界をやってきた」

第15話 「早う逝きおってアホ」





わかるハシモト会長かく語りき 【正直の価値】
「私は、自分に能力があると思ったことないし、「これは、オレがやった」っていう話も、ひとつもない。
言えないし、したこともない。皆が寄って来てくれて、させてもろおてるんです。」

第16話 「騙される人は、騙しにいってるんです」

第17話 「人間は生かされとる」

第18話 「正直に 歩いてきただけやねん」

第19話 「ひとつだけ、自慢できること」



つづく