小さいふ。


知ることで世界は広がる

6月はプライド月間「 プライドマンス」として、世界各地でLGBTQ+の人々の権利、コミュニティーへの支持を示す啓発的なイベントやパレードが行われます。

「プライドマンス」を記念してLGBTQ+をテーマにした小さいふが生まれました。

LGBTQ+コミュニティの象徴でもある、すべての人が自分らしく生きられる多様性を表現したレインボーカラー。そこに浮かび上がる沢山の英文字はすべてLGBTQ+をテーマとした映画のタイトルが散りばめられていて、映画好きには嬉しいデザインです

今改めてオススメしたいLGBTQ+映画

デザインを手がけた、映画ライターもされている仲谷暢之さんによる、LGBTQ+の映画を紹介するコラム「テアトル虹」を1年間に渡って連載します。

毎月数本の映画をご紹介していただき、小さいふと映画を一緒に楽しみながらLGBTQ+の理解も深めていくというコンセプトです。小さいふと合わせてお楽しみください。

仲谷暢之
大阪生まれ。吉本興業から発行していた「マンスリーよしもと」の編集・ライティングを経て、ライター、編集者、イベント作家として関西を中心に活動。

小さいふ「Pride Movie」LGBTQ+