ダッチカーフとは
欲しいものが無いなら創ればいい!
さまざまなレザーを使用し、独自の世界観を発信するクアトロガッツですが今まで以上の表現のために新しい試みとして自分たちでオリジナルのレザーを製作することにしました。
ピカソのイメージを元に大胆な太いストライプの革・日本の伝統文様をモチーフにした革、伊達政宗所有の陣羽織の模様をあしらった革などなど・・・クアトロガッツではこれからもレザーをキャンバスに見立てて独自の絵を描き続けます。


なぜ革にこだわるのか
オリジナル素材を創るのであれば布などを使えば簡単にできます。
ですがクアトロガッツでは加工・量産が難しい革を使用し使い込むほどに体に馴染み、いつから使っているのかさえ忘れてしまう長年連れ添ったペットのような、あなたの体の一部になるようなものを創りたい。
通常、「もの」は買った瞬間・使った瞬間から劣化していきます。
一方、革は非常に細い繊維が上下左右・縦横無尽に絡み合ってできておりこれが現在の技術では創り出せない、使えば使うほどにエイジングし赴き深く熟成され最初は堅い革も使い込むほどに「あなたに必要なだけ」柔らかくなるという身近でありながら、人知を超えた素材なのです。





クアトロガッツで
小さい財布「小さいふ」をはじめ、
革財布や革小物に使用している革たち
個性豊かな革の特性を理解し適材適所に
栃木レザー ダッチカーフ リミテッドレザー オリジナルレザー

トップへ戻る