革業界の重鎮がクアトロガッツに来た!
クアトロガッツでは小さい財布「小さいふ。」の定番カラー・その他のアイテムの本体部分などに、日本で最高峰と言われる栃木レザー社製のフルベジタブルタンニングレザー(ヌメ革)を使用しています。

よりいっそう革への見識を深め、より良いものづくりのために、栃木レザーを販売しているヌメ革業界の重鎮と言われる革屋さんの会長であるハシモト会長がクアトロガッツへ来てヌメ革への想いをお話していただきました。

80歳にしてエネルギッシュな会長。
現在の栃木レザーの製法を考案し、再建をバックアップされ、革の素材からパーツの製造まで、革に長年関わってこられた会長。
”本物の革”の魅力とは何なのか?
とても貴重なお話を聞かせていただくことができました。

一部ではありますが、その時のお話を引用しつつ
ヌメ革と栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザーについて
お話をさせていただきます。

革業界の重鎮がクアトロガッツに
世界が惚れた革
社長の革屋さんには有名ブランドをはじめ海外からも
「栃木の革を売ってほしい」と人がやってくると言います。
しかし社長はこう話すそうです。

みんな栃木の革がええもんやと聞いて買いにくるけど
それは違う
あんたがこの革に惚れ込んでくれるんなら売るけども
売れてるから分けてくれでは困る
革のことを知って納得した上で
『どうしてもこれが使いたい』と言うんなら売りたい


【極小財布・小さい財布】小さいふ。 ペケーニョ【カラーオーダー】クアトロガッツ
フルベジタブルタンニングレザーの違い
栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザーと従来の革の違いは
革の素材が「生きている」かどうかにかかっていると感じます。

なんで革を革らしく使わへんのや


現在、主に流通している革は9割が化学薬品を使ったクロム鞣しによる製法による革といわれており、革の着色には革の上に顔料による塗料を塗り、キズなどを隠したものが多く流通しています。
その製法は何倍もの早いスピードで製造ができ、低コストで大量生産が可能で、傷やしわなどの個体差がなく管理がしやすという理由で多くの製品で使用されるようになりました。

しかしそれと比例するように革の本来の風合いは失われ、フルベジタブルタンニングレザーはその天然素材ならではの扱いにくさから”プロが使わない革”と呼ばれるようになったのです。
会長は以前よりそのことに疑問に思い、本物の革を追い求めるようになりました。

わけもわからんまま22年追いかけた
プロになんぼ頼んでも頼んでも頼んでも・・・
やってくれんかった


”革らしい”製法。化学薬品ではなく植物性のタンニンで鞣(なめ)すイギリス発祥の伝統的な製法によるフルベジタブルタンニングレザーをつくることを、日本最大級のピット(タンニン槽)を持つ栃木レザー社へ提唱していました。
しかし、そのあまりにも手間と時間がかかる製法に社内からも「この革のためにうちも潰れてしまう」と反対の声があがっていたそうです。

ハンドセッター
栃木レザーがウンと言うまで22年かかった
今や有名になった栃木レザーですがその昔ながらの製造には通常の何倍もの時間と手間がかかります。
見学に来た他のタンナー(革をつくる工場)が「うちなら1/10の手間でやる。あんなんやってたらメシ食っていかれへん!」と匙を投げるほど、現代の革づくりの中では特質的だといいます。

時代の流行に流されることなく、何十年先を見据えた"本物の革"へのこだわりから、栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザーは生まれました。

それでも俺はどうしてもこれが欲しいねんやって
22年かかってやっと栃木レザーは
ウン言うてくれた


皮を革にする「鞣し」とは
動物の皮はそのままでは固くなったり腐ったりして使うことができません。
それを防ぐのが「鞣(なめ)し」と呼ばれる工程で、
これによって「皮」が「革」になるのです。

「クロム鞣し」と「タンニン鞣し」
革を「鞣す」には大きく分けて「クロム鞣し」と「タンニン(渋)鞣し」という製法があります。
生産性やコスト・手間の関係などどちらにもメリットとデメリットがあり一概にどちらが優れているとは言えませんが、現在では安価で発色が良く、大量生産が可能なクロム化合物を使用した「クロム鞣し」が多い使われています。

しかし「クロム鞣し」は廃棄時に燃やすと有害物質が出てしまうことや、革特有の艶やかなエイジングがしづらいことなどから、自然のタンニンを使い、使い込むほどに魅力が増し自然にも優しい「タンニン鞣し」が再注目されています。

今更になってヨーロッパを中心に
ノークロムやと言うてる


土に還る革
栃木レザー社のフルベジタブルタンニングレザーは「タンニン鞣し」の中でも昔ながらの手法で現在主流の製法よりも何倍もの時間をかけて丁寧になめされた素材で、この革はほぼ100%土に還ります。

現在流通している「クロム鞣し」革の多くは化学薬品により創られているためなかなか土に還りません。

栃木レザー社では革の製作工程で出る排水処理の際にも薬品を使わず、バクテリアや微生物によって段階的に中和、浄化される循環システムを採用しています。その際に出る汚泥を肥料として再利用できるよう農林水産省に登録しています。伝統的な技術と革新的な智慧で自然との共生という環境革命を目指しています。

栃木レザーで創られた小さいふ。ももちろん土に還ります。
できれば捨ててほしくはありませんが・・・
ぜひ毎日ガシガシ使ってあげてください。

小さい財布「小さいふ」<br>使い込むことにより出てくる趣と素晴らしいエイジングが栃木レザーの特徴です。
タンニン鞣しのタイコとピット
通常革を鞣すときには「タイコ」と呼ばれる大きな大きなドラムに革と鞣しの溶剤を入れて回すことで、革にタンニンを浸透させる製法が多く使われています。

しかし栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザーは、あえてそのような製法をとらず160もの濃度が違うタンニンのビット槽(プール)に順番に浸けこんでいきます。
長い長い時間をかけて繊維を崩さずにタンニンが均等に浸透するように、シーソーのように左右に揺らしながらゆっくりゆっくり鞣していくのです。

革と渋が腐らないようにずーっとみぎひだりに
コトーンコトーンとこまめに動かしながら
繊維を潰さんように芯まで染み込ませていくんや


ヌメ革の乾燥
強さと美しさの秘密
革は「デシ」と呼ばれる10cm×10cmの単位で取引されます。
革は高い伸縮性があるので、通常は生産性を上げるために原皮の状態で引き延ばしてからつくられます。

革は生き物
無理させたらあかん


しかし栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザーは無理な引き延ばしをしません。
なぜかと言うと革というものは無数のコラーゲン繊維が非常に複雑に絡み合っており無理に引き延ばせば繊維が痛んでしまうからです。
この違いは革の裁断面に現れ、繊維が潰れた革の断面はボサボサになりますが、繊維がしっかりした革は断面もしっかりと目が詰まっているのが特徴です。

革は人間の皮と一緒で引っ張れば伸びる
引っ張って伸ばしたほうが大きくなるやろ
でも栃木のレザーはピンと張りはしても引っ張って伸ばしはしてない
だから繊維がしっかり残ってる


「芯通し」革を芯まで染めること
染色する際に革の内側(芯)まで染色することを芯通しといいます。
ヌメ革というものは表面をコーティングせずに革本来の風合いをお楽しみいただく革なので、どうしても伸びた爪や固いものなどで擦ると表面にキズがついてしまいます。

昔の学生カバンなんかは使ってると
横やら角やら塗料が剥げて下地が出てくるんや
塗料を塗ってるだけやから
上から塗ったもんはいつか剥げる

革を芯まで染めてへんからな
表面はツルツルに見えるけどあれは革そのものやなくて
塗料が塗ってあるだけなんや



塗料を塗った革であれば傷の色は戻ることはありませんが、栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザーは「芯通し」と呼ばれる、ヌメ革の裏側まで染料を浸透させる製法を採用しているため、表面にキズがついても目立たず、内側から染み出てくる油分によりそのキズも分からなくなり、味の一部となります。

革にはそうゆう力が備わっとる


染色にこだわっている革は気候、時期によって革の色が若干異なります。
染色の革の特徴、個性として楽しんでいただければと思います。
並べてみると時期による色の違いが分かります。(写真下)

小さい財布小さいふ

本当の革ってのはそうゆうもんや
通常、「もの」は買った瞬間・使った瞬間から劣化していきます。
しかし本当に良いヌメ革は使えば使うほどにエイジングして深く熟成され、最初は堅いヌメ革も使い込むほどに「あなたに必要なだけ」柔らかくなるという、身近でありながら、人知を超えた素材なのです。

使う人に合わせて形が馴染み、風合いが変化していく革。
会長の言葉には革の世界の奥深さ、魅力と革への絶対的な自信が伝わってきます。

革は他の素材に比べて『重いけど軽い』
人間の赤ちゃんといっしょや
使ってるうちに いつも抱いてるうちに体に馴染んでいく
それが時間をかけてつくった革の本来の力なんやな
昔からある本当の革とはそうゆうもんや



クアトロガッツで
小さい財布「小さいふ」をはじめ、
革財布や革小物に使用している革たち
個性豊かな革の特性を理解し適材適所に
栃木レザー ダッチカーフ リミテッドレザー オリジナルレザー


トップへ戻る