ホーム 小さいふ。「麻の葉」asanoha






小さいバッグや着物でのお出かけ
旅行の時など
荷物を減らしたい時に
便利なミニ財布「小さいふ。」

和柄シリーズの中でも人気の麻の葉文様。
定番カラーとして発売していた「椿」に加えてピンクの麻の葉「桜」と少し紫がかったピンクの「スミレ」が登場

「麻の葉」は名前のとおり麻の葉っぱをモチーフにしたと言われる伝統文様で、古くは平安時代から仏像の衣服や赤ちゃんの産着としても広く使われていました。


麻は、3〜4ヶ月で2m以上にまっすぐ早く育つことから「子どもにもすくすくと育ってほしい」という願いと、香りは虫除けになることから「悪いものを寄せ付けないように」という魔除けの願いが込められた、神聖な吉兆柄として愛されてきました。

その後、江戸時代に歌舞伎役者が身につけたことから世に広く流行し、数多くの浮世絵にも着物の定番柄として描かれ、 現代でも和柄の定番になっています。


さらに4月29日・30日には小さいふ。1000個祭りの「麻の葉祭り」!も同時開催。
1時間に2個づつ、各色1個限定の麻の葉の小さいふが出品されます。

ぜひお楽しみください。
麻の葉 "桜"
Sakura

鮮やかなピンクをベースにした
ピンクの麻の葉
春の風を感じて
嬉しくなりそうなカラー
麻の葉 "スミレ"
Sumire

すこし紫がかった優しいピンク
ふわりとした色に
なんだか
優しくなれそう
麻の葉 "椿"
Tsubaki

白地に朱の麻の葉
澄んだ色合いは
気持ちまで
透き通らせてくれるかも







メディアでご紹介いただきました。
一部ではありますがご紹介致します。

三船美佳さんのブログ「Mikan」


日本テレビ:ヒルナンデス
平野ノラさんの「カバンの中身覗くんです!」のコーナー



ABC朝日放送:西川きよしのおしゃべりあるき目です
西川きよしさんが工房に来られました。



その他にも「旅」「モノ」「革」など多系統のメディアでご掲載いただいています。